これからの活動を支え、発展させるるために、率直なご意見・ご感想などを募集しています

これまでにいただいた声

Aさん 女性
❀当センターの相談室を選んでくださった理由をおきかせください
家族との問題をかかえた時に、友人に相談してセンターのことを教えてもらいました。友人の紹介だったのでとても安心してカウンセリングを受けられました。当時、家族の問題をかかえていたので金銭的な余裕もなく、カウンセリング料金の金額が私にとってはとても助けとなりました。
❀相談室を利用してみていかがでしたか
今までカウンセリング等を受けたことはありませんでしたが、自分ひとりでは解決できるような事ではなく、どう捉え、受けとめればいいのかまったくわからない状態が続いて、毎日が悲しく、このさき生きることさえも辛いと思う日々でした。眠ることもできず、人と会うことも、食べることもまったくできなくなっていました。先生とはじめてお会いした時「私はあなたの味方です」と言っていただき、とても安心してカウンセリングを受けることができました。そして自分の内側の知りたくなかったところ、隠していた自分を見つめることができました。
❀カウンセリングを受けたことで何か役立っていること、良かったことなどありましたらどんなことでも構いませんのでご自由にお書きください
カウンセリングを受けたことで、自分の物事に対する向き合い方の癖がよくわかりました。どのような仕組で問題が発生しているかがよく見えるようになり、自分の考え方や選択によって引き起こしているということが深く理解できました。他者への言葉の使い方など、コミュニケーションの取り方を学べたことがとても役に立っています。カウンセリング後は家族仲良くすごせていることに幸せな日々をおくれています。

 

Bさん 男性
私は約1年8ヶ月こちらのセンターにお世話になりました。今カウンセリングを卒業して思い返すと非常に長かったような、あっという間だったような不思議な感覚を覚えています。一番最初に「二人で一緒に病気と向き合い、共に闘いましょう。」と言われたことが深く印象に残っています。非常に励みになりましたし、実際にカウンセラーと二人三脚で病気と向き合い闘いました。
また、「おかしいと思う事、反論がある際には遠慮せずはっきりと言って下さい。」「私との相性が合わなければ即座に教えて欲しい。」等、非常に重要で最もカウンセラーに伝え辛いポイントを利用者側にしっかりと明示してくれていた点も良かったと思っています。
私は双極性障害ですが、当時は激しい混合状態で、自分の状態をレポート43枚にわたって書いて提出し、カウンセラーを当惑させた想い出があります。今ではすっかり病状が安定し、現在このような寄稿文を書けるまでになっています。私自身も「生き延びたい。崩壊した人格を取り戻したい。」という一心から、カウンセラーの指導の下、一緒に学んでいきました。
カウンセリングは受け身の行為ではなく、座っていればカウンセラーが癒してくれるといったようなものでもありません。始めの一年は毎回カウンセリング中に泣いていました。それ程きつく辛い日々で、カウンセリングが寧ろ病状を悪化させているのではと思った時期もありました。しかし、その辛さを乗り越えて心の平安が訪れ、次の人生に繋がる景色が見えました。大げさに聞こえるかもしれませんが命を救われた思いです。そこに至るまでの間、共に歩んでくれたカウンセラーの存在に助けられました。