*対人援助にかかわる人を対象とした講座です

 

対人援助の感性を磨く

~ホスピス医に学ぶ~

講師: 小澤 竹俊 先生 

めぐみ在宅クリニック院長 在宅ホスピス医

 「人は痛みを分かってくれると感じた人の前では苦しみを見せることができます。自分と違う人をそのまま『わかる』ことは難しいことですが、『理解者になる』ことはできます。そのためには、自分の価値観を押し付けるのでなく、相手の声に耳を傾けることが必要だと思っています。」とおっしゃる小澤先生の言葉には、何度聴いても新しい気付きがあります。
 小澤先生はスピリチュアルケアの理論と実際をやさしく教えてくださいます。

 対人援助にかかわる方、目指す方、心を学ぼうと思うすべての方に、持って欲しい大切な感性を学びます。                               

子どもの心の育ちとコミュニティ~発達障害、被虐待児支援など~

講師: 田中 哲 先生  子どもと家族のクリニックやまねこ院長 

元東京都立小児総合医療センター副院長 児童精神科医

 人間の子どもは他の動物に比べて超未熟児で生まれ、その心は養育者のまなざしを受けながら人とのかかわりの中で育っていきます。ほかの動物とは違って“育ち”の過程が大きく影響するため、子どもをとりまくコミュニティの存在が大切です。本講座では自立に至るまでの子どもの「心の育ち」を発達障害や愛着障害の専門家で被虐待児支援に携わっていらっしゃる田中哲先生から学びます。
 私たちは子どもが問題を起こすと問題を直すことばかりに気を取られ、子どもの心の育ちに気づかないことがありますが、子どもにとって大切なことは自分の心の育ちを大切に思ってくれる大人と出会うことです。
 子どもの育ちに必要な大人とのかかわりとは何か、地域の大人はどのようなことに注意を払って子どもの育ちを見守れば良いのか、子どもだけでなく親の支援にかかわる方にも参考になる内容です。

  

マインドフルネス

講師: 川野 泰周 先生

RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長 精神科医 禅僧

 医療・矯正・教育だけでなく企業研修など幅広い分野でも取り組まれているマインドフ
ルネスは、今この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価せずにとらわれのない状態でた
だ観ることです。マインドフルネスを実践することで、未来でも過去でもなく、今のあり
のままの自分に気づき受け容れ、その結果として心や脳を休息させることが出来ます。
マインドフルネスはセルフコンパッション(自分にやさしくできる)を高める最良の方
法として注目を集めています。自己批判が強いとうつ状態や人生に対する不満をもたらし
ますが、セルフコンパッションを高めることで肯定的感情、自尊心、社会的繋がり、幸福
感が高まるなど、心身の健康増進だけでなく、精神疾患の治療効果も実証されています。
 講師の川野泰周先生は、精神科医でありながら、禅寺で 3 年半にわたる修行生活を送っ
た禅僧でもあります。

 

共依存

講師: 吉永 陽子 先生  

長谷川病院院長 精神科医

 対人援助の場面で、熱心に相手に関わろうとするあまりに、本来は相手がすべきことまでを引き受け、結果としてその人の依存症を悪化させてしまう関係があります。これを「共依存」関係と呼びますが、家族など身近な人との間だけでなく、援助職との関係でもよく起こります。

 共依存関係にあると、特定の相手に必要とされる事で自分の存在を確認し、その相手に献身的に対応するので、お互いが無くてはならない存在になり離れがたくなります。また、このような関係においては、自分が相手のためになると思い込んでいるため、お互いに依存し合っていることを自覚しにくい特徴もあります。 本講座では、精神科臨床経験の豊富な吉永陽子先生から、対人援助の場面で起こりがちな共依存についてお話しいただきます。

        

     

トラウマとレジリエンス~災害支援の現場から~

講師: 岩倉 拓 先生  あざみ野心理オフィス 、日本精神分析学会認定心理療法士 聖マリアンナ 医科大学・横浜国立大学非常勤講師

  

 支援の現場でトラウマを抱えた人に出会うことは決して珍しくないですが、トラウマ治療の専門家がその人たちに関わる機会はそれほど多くはなく、その場の支援者がどのようにかかわるかが重要です。
 本講座では災害支援や犯罪被害者支援の経験のある岩倉拓先生から学びます。

「トラウマとレジリエンスについて、被災地の長期支援や犯罪被害の支援を通して私が体感したことをお話しできればと考えています。トラウマの支援には長期の継続的関わりが重要であり、また、当事者ではない「外部」の視点が求められることでもあります。そして回復力であるレジリエンスは関係から育まれ、関係を提供することを通して強化することができる、というのが私の辿り着いている説です。さまざまな対人援助職の方に聞いていただければと思います。

あざみ野心理オフィス・聖マリアンナ医科大学 岩倉 拓 」


認知行動療法〜ストレスコーピングを中心に〜

講師: 伊藤 絵美 先生  

洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長 臨床心理士  

 認知行動療法は、うつ病や神経症などに高い効果が実証されている短期の心理療法です。

 一般的には専門家が治療の場面で用いますが、専門家でない人であっても、その知識は日常のちょっとしたストレス場面で応用することができます。ストレスを感じた時、その人自身が自分の考え方や行動の癖を知って、その幅を少しでも広げることができれば、うつ病などの心の病気を予防したり、気持ちを軽くしたりすることができます。

 本講座では認知行動療法の基本的な考え方と、ストレス・コーピング(ストレスに対する意図的な対処法)について学びます。自分自身がストレス・コーピングの効果を実感することで、対人援助場面でも生きた知識として役に立てることが出来ます。

   

発達性トラウマ

講師: 柏 淳 先生

ハートクリニック横浜院長 精神科医

 

 

引きこもり支援~家族療法の観点から~

講師: 田中 究 先生

関内カウンセリングオフィス代表 臨床心理士

引きこもりは複数の原因が偶然に重なって起こるものであり、「本人の性格の問題」とか「親の育て方が悪かった」などの原因探しは本人や家族に負担をかけ、引きこもりに向き合うだけの力を無くさせます。一方で引きこもるということは、様々なストレスからいったん身を引くことによって現状や将来への不安や焦りから心身を守ろうとする当事者なりの対処行動であり、何とか回復しようとする努力とも考えることができます。しかしながら、引きこもった結果、さらに不安が増し、自信を無くすという悪循環に陥ると、そこから抜け出すことは容易ではありません。 今回の講座では、引きこもりの理解と援助的なかかわり方を学びます。講師は家族療法やブリーフセラピーがご専門の田中(たなか)(きわむ)先生です。

 

 

大人のADHD

講師: 柏 淳 先生

ハートクリニック横浜院長 精神科医

 

カウンセリングの技法~ケース スーパービジョン~

講師:福島 哲夫 先生 大妻女子大学教授 成城カウンセリングオフィス所長 臨床心理士