*対人援助にかかわる人を対象とした講座です。

対人援助の感性を磨く

~ホスピス医に学ぶ~

講師: 小澤 竹俊 先生 めぐみ在宅クリニック院長 在宅ホスピス医
「人は痛みを分かってくれると感じた人の前では苦しみを見せることができます。自分と違う人をそのまま『わかる』ことは難しいことですが、『理解者になる』ことはできます。そのためには、自分の価値観を押し付けるのでなく、相手の声に耳を傾けることが必要だと思っています。」とおっしゃる小澤先生の言葉には、何度聴いても新しい気付きがあります。
小澤先生はスピリチュアルケアの理論と実際をやさしく教えてくださいます。対人援助にかかわる方、目指す方、心を学ぼうと思うすべての方に、持って欲しい大切な感性を学びます。

子どもの育ちと発達障害

講師: 田中 哲 先生 子どもと家族のメンタルクリニックやまねこ院長 元東京都小児総合医療センター副院長 児童精神科医
発達障害の当人は、対人関係が苦手なのに孤独も苦手でどうしていいかわからないというジレンマを持っていたり、注意散漫や衝動のコントロールの悪さから叱られてばかりで自己肯定感を持てなかったりなど、うまくいかない悲しさを抱えています。生き辛さに共感すると共に、特性を的確に把握し、無理をさせない支援をすることがかかわる人には求められます。
また、発達障害の子どもたちはコミュニティに居場所を持てないことがありますが、子どもはコミュニティを経由しなければ、社会に出られません。
本講座は、子どもの育ちを理解して、発達障害の特性やかかわり方を知り、コミュニティの在り方にも目を向けます。
講師はいつも子どもの心に寄り添う児童精神科医の田中哲(さとし)先生です。

マインドフルネス

講師: 川野 泰周 先生 RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長 禅僧      

 介護職や看護職、教職、心理職などの対人援助職は、感情労働とも言われストレスのたまりやすい職種です。このような日々を過ごしていると、心が疲弊し、不眠や自律神経失調症、うつ病など心身の病を発症させる要因となります。
 医療・矯正・教育だけでなく企業研修など幅広い分野でも取り組まれている「マインドフルネス」は、セルフコンパッションを高める最良の方法として注目を集めています。このようにセルフコンパッション(自分にやさしくできる)があってこそ、他人に対してやさしくできるのです。
 マインドフルネスは、「今この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価せずにとらわれのない状態でただ観ること」と言われています。マインドフルネスは、未来でも過去でもなく、今のありのままの自分を感じることによって、心や脳を休息させるのです。
講師の川野泰周先生は、精神科医でありながら、禅の専門道場で 3 年半にわたる修行生活を送った禅僧でもあります。禅の視点から、対人援助職のセルフケアに役立つマインドフルネスを、体験を通して学んでいきます。

パーソナリティ障害

~自己愛性パーソナリティ障害~

講師: 小羽 俊士 先生 こば心療医院院長 精神科医

 自己愛とは、あるがままの自分を当たり前に尊重されたい、愛されたい、大切にされたいと思う普通の感情で、誰もが持っているものです。ところが自己愛性パーソナリティ障害となると、その気持ちが行き過ぎて過剰な賞賛を求めたり、相手を見下したり、相手を不当に利用したりするので対人関係に支障をきたします。

 自己愛性パーソナリティ障害には常に自分と相手を比較し、自分が優位に立っていないと気が済まない『顕在型』、逆に表面上は周囲に合わせてばかりいるが、期待外れな反応をされると傷つき侮辱されたと感じる『潜在型』などが存在します。正反対のように見えますが実はどちらも自己愛を傷つけられることへの不安が根底にあります。

 本講座では、自己愛性パーソナリティ障害がどのようなものか、本人の抱える問題、そして周囲の関わり方について学びます。講師は、パーソナリティ障害の治療に積極的に取り組んでおられる小羽俊士先生です。

 

共依存

講師: 吉永 陽子 先生  長谷川病院院長 精神科医

共依存とは、依存症を抱える人に関わっている人が依存の問題を解決しようとしているのに、結果として依存症が悪化してしまうことになるような対人関係のパターンです。

共依存関係にあると、特定の相手に必要とされる事で自分の存在を確認し、その相手に自己犠牲的ともいえるほど献身的に対応するので、お互いが無くてはならない存在になり離れがたくなります。また、一生懸命に対応することは相手への思いやりからくる行動であると思い込んでいるため、お互いに依存し合っていることを自覚しにくい特徴もあります。 本講座では、精神科臨床経験の豊富な吉永陽子先生から「共依存」について学びます。

支援現場におけるアセスメント・マネジメント

〜精神分析的観点を生かす〜

講師: 岩倉 拓 先生  あざみ野心理オフィス 、日本精神分析学会認定心理療法士 聖マリアンナ 医科大学・横浜国立大学非常勤講師

 支援の現場では難しい問題や困難な事例に取り組まねばならない事があります。どのような事例においても、目には見えない人間関係や人のこころを理解し、見立てること(アセスメント)、その理解したことを元に家族やスタッフなどと共有し、何が必要かを考え、介入や支援(マネジメント)を行っていくことが必要になります。そこで生じている事象を、自分なりに考えることが大切なのです。
 精神分析の見方、考え方は人の心の成り立ちや仕組みを解き明かす多くの理論を生み出し、今もなお人を深く理解する上で大きなヒントを与えてくれます。
 本講座では日常の支援場面で、どのようにアセスメントし、マネジメントすることが出来るのか、精神分析・力動的な観点から現場や事例を通して考えます。 講師は精神分析的心理療法をご専門とする岩倉拓先生です。

【参加条件あり】

〜認知行動療法既習者のための〜

スキーマ療法

講師: 伊藤 絵美 先生  洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長 臨床心理士  

スキーマ療法は生きづらさの根っこを扱う、一種の認知行動療法の発展型です。認知行動療法は「認知」と「行動」を変えることでプロセスにおける悪循環を改善しますが、スキーマ療法ではその認知の底流部分にあたる「スキーマ」に目を向け、生きづらさの背景となっているスキーマの存在に気づくことでその影響力を弱め、楽に生きられるようなスキーマを増やしていきます。

スキーマ療法は本来、パーソナリティ障害を対象に考案されたものですが、現在ではメンタルヘルスに問題がなくても、「人とうまく関われない」「何か生きづらい」といった漠然とした心理社会的問題を抱える当事者に対する有力なアプローチとしても注目されるようになっています。

講師の伊藤絵美先生は認知行動療法を使って幅広い活動をされており、スキーマ療法においては日本における第一人者です。 本講座は認知行動療法既習者向けの講座です。

介護にかかわる人のためのストレスケア

〜認知行動療法による〜

講師: 藤澤 大介 先生 慶應義塾大学医学部准教授・慶應義塾大学病院 精神科医

<準備中>   

トラウマケア

講師: 中谷 三保子 先生 帝京平成大学名誉教授 こころとからだのカウンセリングセンター主宰

<準備中>   

双極性障害

講師: 柏 淳  先生  ハートクリニック横浜院長  精神科医

双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返す病気で、その原因は脳の機能にあると考えられています。躁状態にある時には、浪費や対人関係のトラブル等が起こることもあり、それが原因で周囲との関係を損なうこともあります。

治療は継続的な薬物療法が基本ですが、生活リズムの調整や対人関係のとり方などによっても、躁とうつの波を小さくすることは可能と言われています。症状を出来る限り抑え、生活の質を改善するためには、周囲の正しい理解と適切な関わりが大切です。 本講座では、うつ病との違いや、双極性障害の特徴について、精神科臨床経験豊富で、幅広い見識をお持ちの柏先生にお話いただきます。

精神分析的精神療法

講師: 小羽 俊士 先生  こば心療医院院長 精神科医

精神分析的精神療法とは、症状や困りごとを治すためではなく、その症状を引き起こす不安に焦点を当てて性格の変容を目指す治療法です。精神分析の考え方の基本は、人の心の中にはさまざまな力の動きがあり、それによって不安や葛藤が生じ、心の働きに影響するというもので、そのような心のあり方を、無意識的な部分も含めて理解していくことをめざします。実際の精神分析的精神療法では、本人が心に浮かぶことを自由に話し、そのことを通して、治療者と一緒に、心の中で起きていることについて考えます。
講師は、病理や治療法について常に最新の研究されるかたわら、一貫した姿勢で精神分析的精神療法を行ってらっしゃる小羽俊士先生です。

大人のADHD

講師: 柏 淳  先生  ハートクリニック横浜院長  精神科医

ADHD(注意欠如多動症)は不注意(注意が長続きせず気が散りやすい)、多動性(過度に落ち着きがなくじっとしていられない)、衝動性(考えるよりも先に発言や行動してしまう)などの症状がみられる発達障害です。最近では子どものADHDのほかに、大人になってから診断がつくケースも多くみられ、症状として、部屋が片付けられない、仕事で大切なものを忘れる、計画的に物事をすすめられないなど、日常生活に支障をきたすものがあります。周囲からみるとすぐに改善できると思えるため、本人が何につまづき、困っているのかが理解されず、問題解決が難しいことがありますが、ADHDの特徴や本人の特性を理解できると、本人も周囲も適切な対応をすることができるので問題解決への大きな一歩となります。 本講座ではADHDの特徴とかかわり方について、精神科臨床経験豊富で幅広い見識をお持ちの柏(かしわ) 淳(あつし)先生から学びます。

引きこもり支援

〜家族療法の観点から〜

講師: 田中 究 先生  関内カウンセリングオフィス代表 臨床心理士

私たちは家族の誰かに、非行、引きこもり、摂食障害、「心の病気」などが起きた時、個人の中に原因を見出そうとします。それは時に、誰の責任か、誰のせいでこうなったのかという悪者探しへと発展し、問題解決からほど遠い状況を作り出すことがあります。

家族療法は、家族の誰かに起きた問題を、その人を取り巻くシステムの中で起きる現象と捉え、家族や関係者と援助者が力を合わせることで、問題を維持しているシステムに働きかけ、問題解決を試みていくアプローチです。

本講座では引きこもり支援を、家族療法の視点からどのように支えるかについて考えていきます。講師は、家族療法(システムズアプローチ)やブリーフセラピーがご専門の 田中 究先生です。

カウンセリングの技法

~人を育む積極的なカウンセリング~

講師: 福島 哲夫 先生  大妻女子大学教授 成城カウンセリングオフィス所長 臨床心理士

カウンセリング(心理療法)には、その人が持つ本来の力を回復したり、成長を促したりする効果があります。一般にカウンセラーは自分のことは話さず積極的な評価をしないで中立な立場で傾聴することが求められますが、場面によってはカウンセラーの自己開示や肯定的な介入がクライエントに効果的な変容をもたらすこともあり、それが人を育む積極的な関わりになることもあるのです。もちろんそれが単なる技法であってはならず、その背景には常にカウンセラーとしての純粋な姿勢を持ち続けることが肝要です。
本講座では、幅広い理論背景と豊富な経験を持ち後進の育成に力を注ぐと同時に、一方では常に臨床家としてあり続ける福島哲夫先生から「カウンセリングの技法」を学びます。近年、米国をはじめ世界中で注目されているAEDP(加速化体験力動療法)についてもお話いただきます。